穴場リゾート地「グエサウン」 高級リゾート地に開発着手(2016/1/21)

穴場リゾート地「グエサウン」 高級リゾート地に開発着手_画像ミャンマーの三大ビーチリゾートの一つであるグエサウンが今、高級リゾート地へと生まれ変わろうとしている。同地は、ミャンマーの西側、ベンガル湾に面した海岸沿いにあり、最大都市ヤンゴンから約250kmと他のリゾート地と比較するとアクセスは良好。地元民には人気リゾート地として親しまれているが、外国人観光客は少なく、知る人ぞ知る穴場リゾート地だ。

海岸線から500メートルに位置する160エーカー(約65ヘクタール)の敷地に、別荘や高級リゾートを建設する。

今回、開発を担うのは、建設や農業など、多種多様な業種20社から成るコンソーシアム(企業連合)。開発は、3段階に分けて着工され、それぞれ3~5年の工期を予定している。すでに始まっている第1期の完成予定は、約2年後の2017年末で、別荘136戸が建設される。

別荘の販売予定価格は1戸あたり2億6,000万~4億チャット(約2,400万~3,600万円)。今月中旬にはモデルルームをオープンさせる予定だ。短期滞在者向けの貸別荘も用意される。

別荘型のリゾート地はミャンマーでも初の試みということもあり、国内外問わず、極上の贅沢な休日を過ごしたい富裕層を筆頭にすでに注目を集めている。日本ではまだまだ認知度が低いリゾート地だが、近い将来、人気リゾート地として名を馳せるのも夢ではないかもしれない。

Item Details

  • Types:

    • 現地直送ミャンマーニュース