マレーシアのedotcoグループ、テレコムタワー5000基建設計画に2億ドル投資(2016/1/22)

マレーシアのedotcoグループ、テレコムタワー5000基建設計画に2億ドル投資_画像マレーシアのAxiataが運営するテレコムインフラサービス企業edotcoグループが、今月15日(金)ミャンマーに5000基のテレコタワー建設する5カ年計画を発表した。次第に市場が拡大していくミャンマーにおいて、安心・安全、且つ高品質なネットワークサービスを構築することを目指している。

edotcoは、デジタル・ミャンマー・タワー・カンパニー(MCT)の株を75%所有している。残り25%はヨマ・ストラテジックが保有。

MCTは、現在事業の拡大を続けており、今後の動向には目を離せない注目企業。また、edotcoのCEOは、ヨマ・ストラテジックのマーケティング実績を活用し、ミャンマーのテレコム市場の活性化を図っている。

ミャンマーのテレコムタワーは現在国内に7900基。edotcoは、2021年までに五カ年計画終了後、テレコム市場は拡大し続け、2024年までに、ミャンマーで3万基以上のテレコムタワーが必要になるだろうと予想している。

Item Details

  • Types:

    • 現地直送ミャンマーニュース